スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レース回顧 共同通信杯

共同通信杯 35.6-36.8-34.9
1着◎ブレイクランアウト
2着△トーセンジョーダン
3着--トップカミング
------------
4着○マッハヴェロシティ
5着▲シェーンヴァルト
7着△メイショウパルマ
9着△プロスアンドコンズ


総評
流れ的には2007年にそっくり。東京1800mではよくある、瞬発力勝負になった。
どちらかといえば、皐月賞よりマイルカップやダービーに似た流れ。
結果が皐月賞につながるとは思えない。
上位の馬が皐月賞に出てくれば評価は下げる。
ここで流れに乗れなかった馬が、次走で得意の展開で巻き返すことも十分考えられるので、チェック。
特に3歳戦は、一回の敗戦で大きく人気が落ちることがあるので、配当も望める。
現時点では勝ち馬の決め手が大きく他を上回っている。


1着◎ブレイクランアウト
内を突いてあっという間に先頭に。決め手勝負では強い。
ペースが緩んで決め手勝負になりがちなマイルカップやダービーでも有力と見る。
逆に、スタミナ勝負になりがちな皐月賞では全幅の信頼は置けない。
今後の出走レース次第。


2着△トーセンジョーダン
展開は楽だったはずだが、伸びはいまいち。
直線で前が狭くなるシーンもあったが、最後でもう一伸び。勝ち馬の決め手に屈するかたちになった。
やはり東京コースよりは中山コース向きなのだろうか。
これまで楽な展開のレースばかりなので、皐月賞ではやはり割引きたい。
ジャングルポケット産駒の印象は前に述べたので簡単に済ませるが
・自分の限界を超えて走らない、クラスの壁に当たるとモタモタする。
・大幅な距離短縮・延長をきっかけに、壁を突き破ることがある
・能力の判断基準は「その馬がもっとも最近で好走したレースの格」
自分なりのこの観点から見ると、この馬の評価は現時点でG3止まりクラス。
これ以上にメンバーが揃うG1では厳しいと考えている。
つまり、次走は今回の共同通信杯のレースレベルが比較対象となる。


3着--トップカミング
直線で前が何度も壁になり、前が詰まり、ようやく抜けてきたが脚が一杯に。
スムーズだったらもう少し差は詰まっていたはず。
鋭い決め手を見せたので、特にアーリントンC、毎日杯あたりに出走してきたら要注意。
距離はここが限界か。マイル以下で買いたい馬。
成績の割りに人気し無さそうな馬なので、配当は望めそう。


4着○マッハヴェロシティ
今回は外枠からだったが、前目でレースを進める。
ただ、今回は故障馬のあおりを受けてしまった。
これで3戦連続でスムーズな競馬ができず。
それでこの結果なのだから、さほど悲観することは無い。
マンハッタンカフェ産駒はジャンポケ産駒と似ていて、自分の限界を超えて走ろうとしない。
基本は逃げ・先行での粘りこみになる。メンバー強化は向かない。
スムーズに先行してレースを進めること。この結果で能力を判断したい。
今回は前述のように、先行したが途中で不利があった。
現時点ではG3以下との判断だが、スムーズに運べればまだわからない。


5着▲シェーンヴァルト
後方の位置取りで直線は外から差す競馬。
レコード勝利のデイリー杯はスタミナを要する流れ。今回の極端な瞬発力勝負では分が悪かった。
決め手勝負になりがちな1800mでは分が悪いが、決め手もスタミナも必要な東京マイルは向くだろう。
現状ではマイルが良さそう。それより距離が長くなると決め手で見劣りする。


7着△メイショウパルマ
新馬を見て東京は向くとの判断から押さえてみた。
ラスト1ハロンの伸びはいいものがあるが、重賞では力が足りていなかった。
マンカフェ産駒。重賞では厳しいことがわかったが、自己条件に戻ればまだわからない。
向くのはやはり東京。末脚は確かなので、覚えておいてほしい。


9着△プロスアンドコンズ
出遅れ、故障馬の不利を受け、4コーナーからは大外をまわす展開。まったく競馬にならなかった。
人気先行気味ではあるが、今回の敗戦で評価を落とすことはない。度外視して良いだろう。
引き続き、末脚が活かせる外回りコースでは注目。特にマイルに戻ればおもしろい。
スポンサーサイト
[ 2009/02/12 17:14 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL