スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中日新聞杯の全馬コメント

日曜中京11R 中日新聞杯(芝2000m・G3) 出馬表はこちら

<概観>
逃げ馬不在も、ドリームサンデーあたりがハナをうかがうか。
去年はスローに流れたが、基本的には前傾ラップになるのがパターン。
先行勢はある程度いるので、今年は例年のような流れになると決め撃ち。
レース上がり3Fは35秒台後半から36秒台と予想。
何せ開幕週なので、この辺りは当日に見直しを。


1番 ドリームサンデー 56kg
無視できない先行型だが、重賞となると少し荷が重いか。強い相手に健闘するタイプではなさそう。
上級条件であげた4勝は9頭立てと11頭立てで、15頭立て以上では0-0-2-5と3着が精一杯。
スローの楽逃げならまだやれそうだが、スタミナや底力が求められる中京コースでの重賞となると厳しいか。


2番 マヤノライジン 55kg
レース上がり別成績
33秒台以内  0-0-0-0-0-1
34.0~34.4秒 0-0-0-1-1-0
34.5~34.9秒 0-0-0-2-0-3
35.0~35.4秒 3-2-3-0-2-0
35.5~35.9秒 1-1-1-0-0-0
36秒以上   1-2-3-0-1-4
このように、適性に明らかな偏りがある馬。ただし、重・不良では0-0-0-3となっている。
コース相性のよいマヤノトップガン産駒であり、適性面からも押さえは必要か。
函館記念は早めスパートをかけ、4コーナーで大外から先頭をうかがったが
内を通ったサクラオリオンにすくわれての2着。負けて強しの内容と評価できる。
重の中京記念勝ち馬であるサクラオリオンが勝ったこの函館記念で2着したということは
マヤノライジンが重の中日新聞杯で好走できる可能性を秘めているようにも思う。


3番 レオマイスター 54kg
福島コース専用機と思われがちだが、これまで苦手としてきた直線の長いコースでもここ数戦は結果を出してきた。
新潟記念が0.2秒差、アイルランドTが0.4秒差で、これは力を付けてきた証拠。
上がりはかかったほうがいいので、さらなる前進があっても。


4番 タスカータソルテ 57.5kg
昨夏以降、精彩を欠く結果が続いているが、平坦2000m重賞2勝は伊達じゃない。
特にこのコースは2-0-1-0-0-1と安定しており、既に好走経験もある。
好走期の状態までどれほど戻っているかが焦点。


5番 チョウカイファイト 54kg
こちらはこれまでの馬とは逆に、瞬発力勝負で台頭するタイプの馬。
上がりのかかる展開になるとやや厳しいかもしれないが
タキオン産駒の距離延長、格上げはこれまた買い条件でもある。
スローに流れた場合、上位争いに加わる可能性はある。
が、2走前のように内で揉まれると良くない。


6番 リクエストソング 54kg
シンボリクリスエス産駒という面から見ると、叩き3戦目はプラスだが、内目の枠はマイナス。
前走は2走ボケかもしれず、そこまで悲観することはない内容。
クリスエス産駒の芝重賞は、1~4枠が1-3-2-42で、5~8枠が3-1-6-31
頭数15頭以上に限ると、1~4枠は1-1-1-34で、5~8枠が2-0-4-24となる。
小回りの中京コースにもなるし、上手く立ち回れるかどうかがカギ。
と、たぶん上記のような内容が明日のサラブレモバイルには書かれると思う(笑)
個人的には、平坦は向くと思うし、何より太宰騎手への乗り替わりで人気が落ちるならおいしいと思います。


7番 アーネストリー 56kg
個人的に、今回どうしようか悩ましいのがこの馬(笑)
というのも、ハマった時は非常に強い競馬で、格上相手にも堂々と渡り合うんだけど
自分の苦手な競馬になった場合、非常に脆い、いかにもグラスワンダー産駒という感じの馬。
ここ2戦はスローをスムーズに先行していい結果が出ていますが、春先を思い出してほしい。
3重賞の結果は、日経賞→1.1秒差4着(1000m通過59.5秒前後のハイペースを先行)
新潟大賞典→0.8秒差5着(58.2-58.7の前傾ラップを先行)
エプソムC→1.2秒差10着(1000m通過58.9秒のハイペースを先行)
いずれもハイペースで凡走している。
距離も2500→2000→1800と短縮していくごとに結果が悪くなり
今秋はエプソムCの1800mから2000→2500と延長しての成績。
当然、距離延長のほうがスムーズに先行できる可能性も高いので
グラスワンダー産駒の好走条件である、スローをスムーズに先行、というパターンに持ち込める可能性も高い、と。
なので今回は、危険な人気馬に成り得る存在だと思います。
ここはバッサリといきたいところなんだが・・・スローになって展開が向いちゃうと、普通に馬券圏内はありそう(笑)


8番 トウショウウェイヴ 55kg
東京競馬場で走る、というのは周知の事実。距離も中距離あたりが競馬しやすそうで、自ずと狙うポイントは見えてくる。
こちらも休み明け2走目で凡走したが、この馬自身はおそらくレース上がりが35秒以上ならいい勝負をするが
それより速い決め手勝負となると、守備範囲が狭まる印象。中距離なら対応できたが、2500mは守備範囲外だったということ。
(アルゼンチン共和国杯のレース上がりは34.7秒)
東京競馬場以外でなかなか結果が出ないが、今春の中京記念は0.5秒差6着に健闘しており
今回はローテも余裕を持って組んでいるので、春以上があっても良いはず。


9番 ダブルティンパニー 52kg
サンデーサイレンス直仔にしては、瞬発力勝負に寄らないタイプ。
個人的には、去年ヤマニンキングリーの2着したアンドロメダSがこの馬の全力投球だと思っているので
あれ以上のパフォーマンスを求めるのは酷か。
(そのアンドロメダSは、ハンデ53kgを逃げて61.2-58.2というスローペースに持ち込むも
ヤマニンキングリーにアタマ差で屈した。ダブルティンパニーにとって、ベストのかたちだった)
自分で主導権を握って競馬ができればいいが、最近ではスムーズにテンにいけず・・・。


10番 ナカヤマフェスタ 56kg
菊花賞で本命にしたくらい、セントライト記念は強い内容だったと思う。
本番ではさすがに激走の疲れや、初の輸送があって大敗してしまったが、評価を下げる必要はないと思う。
余談だけど、今秋の東京開催でポリトラックで追われた馬が芝1800でなかなかの成績をあげました。
これはポリトラックが左回りで、東京芝1800の形態にマッチしているから、という理論が起こってきていて
同じ左回りの中京でどう結果が出るか、ちょっと気になるところなんですよね。
ナカヤマフェスタは唯一、美浦のポリで最終追い切りをしていて、動きも良し。
このことからも、走る下地は十分にあると言えるのではないでしょうか。


11番 ミッキーパンプキン 54kg
デビュー2連勝後、今一つ弾けなかったこの馬が直線一気で3勝目を挙げたのが前走。
距離延長に初めての2000m(正確にはコーナー4回コース)というのが効いたのかな、と思います。
レース自体もダンス産駒の得意な4ハロン勝負で、正に好走条件ドンピシャだったわけですね。
この馬自身のロングスパート適性も高そうなので、中京芝2000というのは合っていると思います。
久しぶりの左回りになるし、前走(60.5-59.9)よりも前傾のラップになったとしたら、面白い一頭です。
3年前のトーホウアランと同じ、父ダンス×母父ノーザンダンサー系っていう血統ですしね。


12番 メイショウドンタク 54kg
春先は結構追いかけたこの馬ですが、なかなかわからん馬です笑
ただ言えそうなのは、ゆったりとしたペースを先行することが馬券圏内のパターンかと。
連対した4回とも、緩いペースで先行していました。
春に比べれば力はつけているとは思いますが、好走するとしてもここではないような気もします。


13番 マンハッタンスカイ 57kg
この馬もまた難しく・・・w
最近の成績を見てみると、強い相手に踏ん張るというよりも
自分の能力通りに走っている感があり、相手弱化のレースで馬券に絡むかどうか、というところ。
前走はさすがにハイペースを追走しての結果なので、そこまで悪く思うことは無いでしょう。
ただ、上手くいったとしても、このメンバーだと勝ち星まではたどり着けないかもしれません。


14番 デストラメンテ 54kg
ローカル重賞で地味に評価しているのがこの馬。
ハイペースや緩み無い流れを先行しても、そう簡単にはヘバらないのが良い所で
いつかローカル重賞で穴をあける存在と思っているんですよね。
全5勝の内4勝を左回りであげていますし、穴として狙う価値は十分あります。


15番 トーセンジョーダン 55kg
前走には驚かされました。負けた相手は後に鳴尾記念で3着するナムラクレセントですし
休み明けの身ということを考えれば、仕方ないといえます。
ジャングルポケット産駒は先に述べたように平坦の2000mコースは得意としており
やや速めに流れるであろうペースも味方します。
2走ボケが心配ですが、内に秘めるポテンシャルは高いものがあると考えています。


ふぅ・・・疲れましたw
今のところ、有力だなぁと思うのはミッキーパンプキンとトーセンジョーダン。
穴で面白いと思うのはマヤノライジン、レオマイスター、リクエストソング、デストラメンテ
逆に人気どころで買いたくないなぁと思うのはアーネストリー。

アーネストリーね・・・結構、苦手な馬なんですよ。
こういう馬は狙うと凡走して、軽視すると走られちゃう(笑)

とりあえず、明日になってまた色々と考えて、最終的に予想を出したいと思います。
スポンサーサイト
[ 2009/12/12 01:29 ] 全馬コメント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL