スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

階段の踏み外しから大怪我に

日曜日の反省をしたいと思います。
予想エントリはこちら


まず、JCDから。
1着▲エスポワールシチー
2着--シルクメビウス
3着--ゴールデンチケット

まず◎ワンダースピードですが・・・あれをやっちゃいかんだろう(笑)
前が激しくなると思われたのに、何故か先団めがけてガンガン押しまくる小牧師匠。
でもねぇ・・・そこまでテンも早くないし、内にいく馬がいるしで、ポジションは外目のまま。
1コーナーに突入し、向こう正面に出るころには、せっかくガンガン押したのにポジションを下げる結果。
これが外枠先行することの不利な点で・・・先行した時点で終わったと思いました(´・ω・`)

途中でマコトスパルビエロ@アンカツに外からこられ、後方各馬も差を詰めてくるレースになり
エスポ以外の先行馬は苦しい競馬に。むしろ、ほとんどアンカツに掃除されちゃったようなもんでしょ。
そうなると、時計のかかるダートもあいまって、ゴチャゴチャした集団の後ろにかまえていた差し馬が届く展開に。

シルクメビウスはいいとして、ゴルチケが来るとは・・・たしかに千八はキンカメ産駒好調なんだが。
当初の「1~4枠の馬だけでは決まらない」「前には厳しい展開になる」という見立てだと
その通り決まってはいるんだが・・・軸馬の選定がよくなかったですな。
こういう展開ならメビウスはあるかと、何の情報もない時点では思っていたんですが
やっぱり激走後、中1週のステイゴールド産駒は嫌ってしまいますねぇ・・・。
そもそも、ゴルチケは想定外だったし、エスポも阪神ダ1800の1枠の傾向から
人気の割りにリスクは高いと考えていたので・・・今回の予想に関しては、完敗ですな(´・ω・`)
最初の時点から階段を踏み外していたわけですorz


そうそう、ニコ生のコメントであったんですが「データやジンクスは壊すためにある」っていう小島茂之調教師の言葉。
これは全くもってその通りだと思います。だからこそ、波乱が生じるわけですし。
ただ、それって穴馬には当てはまるけど、今回のように1番人気に支持される馬の場合、どうなのかなって思うんですよね。
穴馬の場合、元々このレースでは力が足りないと馬券購入者には思われているわけであって、ある意味こなくても仕方がないんですよ。
でも、ネックになっているデータ以外で買いの材料があったら、それはプラス材料ですよね?
人気が無いけど一つでも走る要素があるならば、穴馬は買う資格があると思うんですよ。

それが、1番人気馬にひっかかるようだと、少し話は変わってくるのかなと。
買い要素は多くあるけれども、圧倒的に不利なデータにひっかかっている。
となると、この1番人気馬はすこし怖い。
特に今回のエスポワールシチーは1枠1番で、逃げ・先行タイプ(溜める競馬もできるけどね)
もし、万が一の出遅れがあった場合、その時点で可能性がグッと狭まるわけですよ。
逃げれば問題ない。だけれども、出遅れたらその時点でアウト。
そのような1番人気馬を軸に買うのは少しハイリスクかな、と思って軸にはしませんでした。

フェブラリーSに向けて評価したいのは、サクセスブロッケン。
厳しい展開ながら、先行しての4着は頑張ったほうではないでしょうか。
東京の軽いダートのほうが向くのは明らかですし、見直せると思います。
どのようなローテになるかわかりませんが、以後で東京大賞典→フェブラリーSと進むならば
去年と同じく叩き5戦目での挑戦となります。シンボリクリスエス産駒だけに、叩いての上積みはあるでしょう。



続いて、中山のターコイズS
1着◎ウェディングフジコ
2着▲ホクトグレイン
3着--ヘヴンリークルーズ

最終的には3番人気かよー旨味がねぇww
さて、このレース。中山マイルにありがちな競馬になったように思います。

やや縦長の展開になる
→3~4コーナーで後続が外から差を詰める
→4コーナーのコーナーワークで結局、詰めた差が開く
→内で何もせず我慢していた先行馬がスパート
→内を上手く乗った先行馬が1着、他にも内で我慢していた馬が上位に。差し馬届かず。

スローで団子状態でも、3~4コーナーで外から差を詰める馬は相当に負担がかかります。
それこそ後方から一気にまくるくらいじゃないと・・・。
3~4コーナーで後続は必死に追っているのに、内の先行馬は何もしていない。
何もしていないのに、気づいたら直線で差が広がっているんです(笑)
ウェディングフジコもヘヴンリークルーズも残り400まで何もしてません。
中山マイルが内有利なわけですよね。

しかしまぁ・・・予想は当たってるけど、内のヘヴンリークルーズは無条件で押さえるべきだったか・・・。
これで三連複311.3倍だもんなぁ、もったいない。

レジネッタは個人的にもう何があっても一銭も買わない!
と今年の夏くらいから決めてるんですが、この馬は重のアンドロメダSから中3週。
先週のアスクデピュティが今春そうだったように、重馬場後の中3週で5着とはいえ人気を裏切っているんですよね。
これは牝馬だからなのか、それともフレンチデピュティ産駒だからなのか・・・。
傾向としては、フレンチデピュティは連闘がいまいちなんですよね。
だから、フレンチデピュティ産駒は疲れやすいのかなぁ、なんて思いますけど。



今週の注目レースは
土曜:中日新聞杯(中京芝2000m・G3)
日曜:美浦S(中山芝1800m・1600万)、中京2歳S(中京芝1800m・OP)
豊明特別(中京芝1800m・1000万)、阪神JF(阪神芝1600m・G1)

阪神JFは相変わらずわからんちんですが、三連複を2頭軸で総流しするくらいの勢いで。
スポンサーサイト
[ 2009/12/07 18:32 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL