スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レース回顧 早春S

早春S 35.0-36.3-36.3
1着--マルタカハーモニー
2着◎トウショウウェイヴ
3着○イケトップガン
------------
4着△エリモファイナル
5着△コスモスペシャリー
7着△プラズマ


総評
直前で◎と○を入れ替えました。

コスモスペシャリーの大逃げで、展開的にはハイペース。
勝ったマルタカハーモニーは自分のペースで進められたことが幸いしたか。
1番人気・2番人気が後方待機の馬ということもあって
前目で進めた馬への警戒が薄れ、まんまと抜け出しての勝利。
やはり、1番人気・2番人気が差し馬の展開では前目に位置取りできる馬を拾うのが無難。
2頭のワンツーはよっぽどのことがないと・・・。

仮にやや早めに流れる展開を読めたとしても、マルタカは拾ってないと思います。残念。


1着--マルタカハーモニー
過去に東京1800mで僅差だったのは2008年むらさき賞。
このときはスローペースを逃げて0.2秒差の4着だった。
自分のペースで運べれば、というか、運べないと、このクラスでは力を出し切れなかったのかもしれない。
今回は大きく逃げるコスモスペシャリーを離れた2番手で追走。
他馬にも絡まれず、楽でスムーズな競馬ができた。
今回は展開が向いただけ。オープンクラスでは恵まれないと厳しいだろう。
楽にハナを取れそうな展開なら一発があるかもしれないが・・・期待薄。


2着◎トウショウウェイヴ
東京コースはやはり走る。今後も中心視はできそう。
今回のように大きく逃げる馬がいる展開では、早めに動かざるを得ないので、自慢の爆発的な末脚がやや鈍る。
一団の競馬になれば、もっとこの馬の持ち味は活きると思う。
今回は展開の結果。評価を下げることはない。
ただ、ステイゴールド産駒は間隔を詰めるといまいちなので
もし今開催で東京コースに出走してきたら危ない人気馬になり得る。


3着○イケトップガン
10kg増が響いたのか、伸び脚はいまいち。
追われてフラフラしたり、頭が高くなったりでチグハグな競馬。
大野騎手によれば「いい脚を長く使えない馬」とのことなので、脚質的にも今回の結果は仕方ない。
トウショウウェイヴに似てるところがあるので、同じようなアプローチで大丈夫。


4着△エリモファイナル
このクラスではあと一押しが足りない。決め手勝負では分が悪いので、軸ではなくヒモで買いたい馬。
混合戦でこの結果だからといって、牝馬限定戦で中心視するのは危険ではないだろうか。
相手なりにそこそこ走る、という印象が強い。


5着△コスモスペシャリー
前走と違って、今回はスムーズにハナに立ち自分の競馬ができた。
それでこの結果なので、実力的にはこのクラスでは足りていない線で見るのが正解だろう。
2008年天の川Sのように、展開の紛れで入着することはあるかもしれない。
今回は馬体重が大幅増、叩き2戦目となる次走もスムーズにハナに立てそうなら一発があるかも。


7着△プラズマ
実力は申し分ないのだが、体質の弱さがネック。
買い時が難しく、ヒモで押さえるか、ズバッと切ってしまうかが良さそう。
しばらく様子見。
スポンサーサイト
[ 2009/02/12 16:30 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL