スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レース回顧 白富士S

白富士S 36.4-47.6-35.4
1着◎シンゲン
2着--フォルテベリーニ
3着--アグネストレジャー
------------
4着△ダンスアジョイ
5着○フサイチアソート
7着▲ダブルティンパニー
12着△マチカネオーラ


総評
この馬場の割りに中盤は早く、スタミナを要するレースになった。
前目にいった馬には少し厳しい展開。踏ん張った馬を次走で評価したい。
2着に食い込んだフォルテベリーニは瞬発力勝負では分が悪い馬。
長くいい脚を使える差し馬にとっては、向いた展開だったのではないだろうか。
そして、勝ち馬のシンゲンにとっては、2走前のTV静岡賞と似た流れ。
やはり、瞬発力勝負よりスタミナ勝負で押し切る競馬のほうが、この馬には向いている。



1着◎シンゲン
外からの発走だったが、ロスない立ち回りで完勝。
展開がスタミナ勝負になり、危なげない勝利だった。
究極の瞬発力勝負では分が悪いので、今後もその点に注意。
展開をうまく読み取って、馬券につなげたい。
他の競馬場に移ってどうか、と思うがこちらも展開ひとつ。
東京コースに出走してきたら、信頼してよさそう。


2着--フォルテベリーニ
重賞で好走した経験のある馬が、長期休養明けとはいえここを55kgで出走できるのは見落とせなかったか。
瞬発力勝負では分が悪い馬なので、今回のスタミナを必要とする流れは向いた。
直線では最内をついて穴を開ける。
展開やコース取りがハマった感が強いが、ここを2着しても驚かないほどの実績はあった。
次以降も相手次第では入着があるかと思う。


3着--アグネストレジャー
相変わらずの出遅れ癖も、東京ならまだ挽回できるよう。今回は展開も向いた。
直線では前が詰まってしまったが、間を割って3着に食い込む。
有力馬の仕掛けよりワンテンポ遅らせたことで、最後の伸びにつながった。
不確実性が強く、軸ではあまり買いたくない馬。
オープンクラスでも展開ひとつだとは思うが、今回のレースで評価を高めることは特に無い。
今後も△くらいに留めたい。


4着△ダンスアジョイ
人気の割りに安定性に欠ける馬、この馬も軸では買いたくない。
どちらかというと、スローの瞬発力勝負が得意な馬で、今回のスタミナレースでは分が悪かった。
3コーナーでマチカネオーラにつられて動いてしまい、直線入口では大外。
最後もアグネストレジャーに間を割られての4着。脚がいっぱいになってしまった。
向かない展開の上、ロスもあってのこの結果で評価を落とすことは無い。
末脚勝負になりそうなレースでは引き続き注目だが、脚質的にも軸にはしづらい。


5着○フサイチアソート
相手関係が楽になっても、成績は変わらず。人気で疑い、穴で買う馬かも。
道中の位置取りはやや前目だったので、この結果は悲観することはないだろう。
ただ、蛯名騎手によると「直線の長いコースで正攻法だと集中力が続かない」
たしかに、直線途中で頭が高くなって競馬をやめたがる素振り。
集中力を持続できる環境(内枠、スローペース、小回りコース、など)なら、盛り返すことができると思う。


7着▲ダブルティンパニー
スタミナ勝負はやや苦手で、どちらかといえばスローで折り合って抜け出す競馬が得意。
そのため、今回の展開では直線で我慢しきれず脱落。前が詰まってしまったのも響いた。
この馬に関しては、今後も2008年アンドロメダSを物差しに力関係を判断したい。
距離は2000mがベスト。ゆったり運べる展開になるとしぶといだろう。


12着△マチカネオーラ
最初のコーナーで不利があり、そこからずっと掛かり気味。
3コーナーでも一気に馬がいってしまい、不完全燃焼な一戦。度外視でも良い。
過去に重賞を勝っているように、実力は申し分ない。
そして、瞬発力勝負ではまだまだ警戒が必要な馬。
叩き2戦目となる次走でチェック。
スポンサーサイト
[ 2009/02/12 15:59 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL