スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロジユニヴァース論

JCで取捨をどうしようかと悩みの種がダービー馬のロジユニヴァース。
結論からいうと、今回は切る方向でいます。
以下、長々とロジユニヴァース論なので、先に結論言いましたw
(あくまでも僕個人の考えなので、その点はご了承を・・・)



ロジユニヴァースに関して、今日ひとつ思いついた仮定は「精神的な脆さがある」
弥生賞までの4連勝は割りと楽な競馬だったんですよね。

新馬(阪神芝1800)は2歳馬にしては平均ペースで、外々を先行して1着。
札幌2歳S(札幌芝1800)は厳しい流れのレースで、前にいった馬にはしんどい展開。
でも、外々を追走して、コーナー通過は7-6-5となっていますが
追っているのは残り500mくらいの地点からで、単に前が崩れるところに差し込んだ、ともとれるんですよね。

で、ラジニケもリーチが逃げて楽に2番手を追走。そこそこの流れになりました。
後ろからの馬をひきつけて、そこから追って前との差を逆転しただけ。
弥生賞も外から主導権を握って、楽に逃げ切り。
時計のかかる馬場だったにしろ、中山2000であのレースなら楽な内容だったはず。

ここまで、馬に負担のかかるレースってほとんどしていないんですよね。
間隔も10週程度で十分にとられているし、外目を追走させて馬群で揉まれてもいない。
無理やりな競馬をしたわけでもないし、肉体的にも精神的にも楽に進めてこれたんですよ。

それが、皐月賞で崩れた。弥生賞の前後半は62.0-61.5で皐月賞は59.1-59.6
決して淀みない流れに実績がなかったわけではないロジユニヴァースでしたが
この2秒近くも早い流れを好位で追走したことによって、レースの途中でしんどさを感じてしまった、と。
これまでの競馬を意識して、ジョッキーも外目を追走させていましたが、3~4コーナーの手ごたえがサッパリ。
早めにこられて全く見せ場のない競馬になってしまいました。

僕は当初、この流れはむしろロジに向いた流れだと思っていたんですよね。
瞬発力勝負より、こういう底力勝負で脚の持続力を活かせる展開が向くと思っていたので。
調整ミスもあったのかもしれませんが、それ以上に精神的磨耗が大きかったのでは、と今思います。
ロジがこれまで経験したことのないような、厳しいレースが皐月賞でした、と。

同じ中6週でもダービーは、逃げ・先行できなかった前走と違って
今回は実質逃げのリーチザクラウンの後ろ3番手を追走。
距離延長で楽になる2400m、その上不良馬場ですから、自身はゆったりした流れで追走できます。
この、前走より楽に追走できるという点が良かったのではと思います。
瞬発力勝負にもならないし、持ち前の持続力を活かせる。
そういう馬なのかなと、思いました。Mの理論っぽい感じで嫌なんですけどw



じゃあ今回はどうかと言われると、ロジの場合、前走がダービーですので
肉体的にも精神的にもリフレッシュされた状態での出走になるでしょう。その点はプラスです。
ただ、ダービーがあのようなレースでしたので、質としては今回のほうが高まるのは必須。
楽だった前走に対して、初の古馬混合戦でしかも海外GⅠとなると、通用するかな?という心配があります。
そもそも、JCにぶっつけで参戦した馬自体がよくないので・・・変に人気するようならバッサリでしょう。
今回は逃げ・先行勢も揃っていますし、決して楽には進ませてくれないと思います。内枠に入ったら、なお更アウト。


そんなわけで、ロジユニヴァースは切ります。これで出走回避になったら、努力が水の泡だな・・・w
スポンサーサイト
[ 2009/11/23 21:18 ] 競馬 | TB(0) | CM(2)
ロジは難しいですよね…
このレース2年連続で横典さんが逃げてるんですが(ネヴァブション、チョウサン)もしかすると今年も…!?
おそらくリーチも逃げると思うのでダービーのようなイメージで自分は予想しますね。ただどうもスローペースポイので何が勝つか全くわかりません・・・
[ 2009/11/25 16:01 ] [ 編集 ]
わざわざ記事にしたのに、ロジ回避とは!w
繰り上がりは回避の都合などを勘案すると、イコピコみたいですね。
スローペースならイコピコ買いたいですw
[ 2009/11/25 21:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL