スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今更ながら、土曜競馬の回顧

そういえば、エントリで「雨の週末?」なんて書いてしまいましたが
降ったのは土曜日だけだったね!w
今週も雨でしたね~東京は今日かなり激しく降りました。
東京競馬場はただでさえ差し馬場だったのが、より馬場レベルが低下して
傾向は変わらないかもしれないですね。

差し馬場かどうかを判断するには、新馬・未勝利のレースを見るといいです。
2歳戦は基本、前にいける馬に有利ですので、新馬・未勝利で差しが決まり始めたら
そろそろ差し馬場にシフトチェンジしてきたのかな、と注目してみてください。
もちろん、ペースと東京競馬場は直線が長いことも念頭にいれてw


ではでは。
東京9Rの山中湖特別は○→◎→無の決着。
馬券は三連単を狙ったのですが、最初買い目に入れて結局消してしまったブレイクナインが3着。
馬単11.1倍×400円で940円プラスと、ガミだけは回避した格好。
ただねぇ・・・直前で買い目に悩みまくって。最初の想定だと、三連単取れてるんですよ。97.1倍。
詰めが甘かったですな(´・ω・`)

◎タケショウオージは過去3回◎に推して0-2-1-0の結果。
前走が10週ぶりのレースで、東京芝1600m・やや重・1:36.4で2着
今回が中3週でハンデ戦。東京芝1600m・やや重・1:34.4で2着
前走がスロー、今回がハイということもあって、タイムは2秒短縮されました。

トップハンデでしたが、ここは好走条件ドンピシャだったはず。
コマンダーインチーフ産駒のやや重・詰まった間隔、そして実績のある直線長いコース。
詰めの甘さがあるので1着固定は怖いですが、この直線長いコースでは堅実に走ってきますので
もう一回くらい、東京コースで出番があるかしら?w
ある程度、流れたほうが信頼度は増すと思います。逆にスローだと詰めの甘さは残ったままかなぁ・・・。

▲ダノンヒデキ(5着)ですが、Mの理論的に言えば4連続の東京競馬場で飽きたのかなと。
距離短縮で締まった流れはダンス向きの条件でしたが、差し馬場を先行したということもあって今回は激走せず。
次も東京に出てきたら軽視かな?一気に距離延長してきたら、押さえてはおきたいですが・・・。

○ナンヨーアイドルは今までマイルまでしか走ってませんが、堅実に33~34秒台の末脚が使える馬。
直線が長いコースでは常に注意しておきたいですね。
てか、この馬は牡馬なんですね!w 知りませんでした(;・∀・)

そうそう。今回は悩んで無印にしてしまいましたが、3着のブレイクナイン。
逃げる競馬から差す競馬に転向して、0.4秒差5着→0.1秒差3着と差す競馬が板についてきた感。
時計がかかる馬場、湿った馬場ならもう一回がありそうな気がしています。



続いて、福島メインの西郷特別。無→△→◎の決着でした。
馬券は◎の単勝、馬連と◎○からの三連複。これも直前で買い目を変えてなければ、当たっていた・・・w
どうも悩みすぎて良くなかったです、この日は。

◎マジックビクトリアは自信あったんですが、途中で伸びきれずの3着。
この馬、福島芝では2-2-4-2、特に福島芝1800では2-0-3-0と崩れていないのですが
どうも4ハロン勝負より、3ハロン勝負のほうが向くようです。いい脚が使える距離は短いです。
2走前のラスト5Fが12.7-11.6-11.7-11.3-11.8 (3着)
今回のラスト5Fが12.4-11.8-11.8-11.4-12.4 (3着)
このクラスはいつ勝ち上がってもおかしくないのですが
勝ちきれないのはこのあたりに原因があるのかなと。
それに、今年の3月からずっと使われてて今回で9戦目。
その意味でも大きな上積みはなかったのかもしれません。

結論は・・・難しかったレースでした!w



福島はCコースに替わっていきなりの重馬場スタート。
上級条件では差し馬も馬券に絡んでいて、やはり馬場レベルは回復していなさそう。
今週も雨は降りました。明日以降は降らないようですが、逃げ・先行天国とはならないでしょう。
福島記念がありますが、いかにも荒れそうですw
昔ほど福島コースへの苦手意識もありませんし、攻めてみたいですねぇ。

今のところ、レッツゴーキリシマは軽視したい馬。
というのも、復帰戦のレインボーS(中山芝2000)が1枠1番で逃げ、1000m61.1秒で逃げ切り勝ち。
前走カシオペアS(京都芝1800)は3枠3番から逃げ1000m62.9秒で逃げ切り。
これは勝ってくださいって言ってるようなもんでしょうw まして、重賞でも実績のある馬なんですから。
ひどく人気するようだと、蹴りたいです。

ショウワモダンは56kgかぁ・・・キリシマやシロッコと同じってのは納得いかんw
レオマイスターは54kg、この馬は力をつけてきているように思います。
元々、福島は走りますし、近走の好走を見ると狙いは立ちそう。
あとサニーサンデーはスタミナ豊富で、夏以降に力をつけるマーベラスサンデー産駒でもあります。
51kgですし、もし出てきたら押さえておきたい。
そして、おなじみのアルコセニョーラ。前走大敗→次走巻き返すのはステイゴールド産駒の持ち味です。
今回も京都大賞典11着(1.1秒差)からの参戦となりますので、要注意。
シャドウゲイトは大体いつも2000mを2分くらいで走るので、時計のかかる馬場になるのは歓迎。
サクラオリオンも前走が不完全燃焼だったので、福島特有の展開になれば軽視できないでしょう。


もう、書くだけであの馬もこの馬もという状態ですがw
ここは穴狙いで攻めます!
スポンサーサイト
[ 2009/11/18 02:23 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL