スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミスタースランプ・ざりこちゃん

宣伝するわけじゃないんですけど、今日はこの本を立ち読みしてきました。

京大式鉄板の買い方講座 (競馬王新書 24)

筆者は激走レンジやグリーンチャンネルの「日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ」
netkeibaのコラム等々でおなじみの棟広良隆氏。
棟広氏は、ベストパフォーマンスから馬の適性を導き出し、大穴馬券を狙うスタイル。
馬券の買い方も特徴的で、勝負レースではとにかく重ねるんですよw
◎は穴馬、○は信頼できる軸馬というスタンスをとっているので
◎の馬連総ながし、◎の馬単総ながし、◎○の三連複ながし、◎○の三連単ながし、◎○のワイド、とか。
とにかく、幅広く重ねて、爆発的な配当を得るのが魅力。
ただまぁ、お金が無いとなかなか難しいところはありますよね。

僕が今回この本を取り上げたのは、別に馬券を重ねることを参考にしたからでなくて
馬券の考え方とか、◎や○の決め方が良いなと思ったんですよね。個人的にですが。
最近、どうも自分の馬券の買い方がいまいちで、スランプ気味だったので、良い薬になりましたw
特に、競馬に必要なのは予想の力だけでなく、券種を選択する力・買い目を選択する力が大事
ってのは、確かにそうだよなぁ、と。
棟広氏は京大卒なんで、やっぱ頭のいい人というか、要領がいい人なんだろうなぁ。

ま、こうして定期的に新しい水をいれてあげないと、僕の競馬力は確実に落ちていくのでw
今まではどうも「負けない競馬」っちゅーのを意識しすぎて、自分らしい馬券の買い方ではなかったと思います。
負けないことより、勝つことを考えないとね。もっともっと攻めてみようと思います。

同じ、馬券買うにしても色んなスタンスがあるんですよね。だから競馬はおもしろい、と僕は思う。


今週興味のあるレースはこんな感じ。

土曜 富士S、三年坂特別
日曜 菊花賞、神奈川新聞杯

既に狙う馬が決まっているのは神奈川新聞杯でタケショウオージ。
夏の新潟で狙った馬で、東京は向くと思ってるんです。
今回はメンツも薄いし、勝ち負けになるんじゃないかなぁ・・・。
菊花賞はやっぱりナカヤマフェスタ。ただ、相手候補がまだ選べません。

あと、これは馬券とは別で、日曜東京10Rにレッドシューターが出走します。
芝でデビュー以来4-0-2-0で春の東京ではレベルの高い相手に好走していた馬。
そんな馬が東京ダ1400になんと、増沢由貴子騎手を鞍上に迎えて出走します!
馬券は別として、ぜひぜひご注目ください。
スポンサーサイト
[ 2009/10/23 00:40 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL