スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中山・阪神マイルのフジキセキ産駒にチェックポイントあり!

前回のエントリでフジキセキ産駒のマイル重賞について触れました。

今回は予告どおり、中山・阪神マイル(特別戦)でのフジキセキ産駒について取り上げたいと思います。

コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収値 複回収値
中山 5-8-4-36 9.4 24.5 32.1 73 74
5-3-2-31 12.2 19.5 24.4 181 93
阪神 3-2-4-17 11.5 19.2 34.6 49 104
0-1-0-12 0.0 7.7 7.7 0 254


上段は牡、下段は牝の成績です。

妙味があるのは中山の牝馬

ただし気になる点が一つありまして・・・2007/12/5のターコイズS以来、勝ち星がありません

それどころか、今年3月のアクアマリンSで2着に入ったウェディングフジコまで馬券圏内無し。(その間、13頭が出走)

優秀な成績は、そのほとんどが2007年までのものですので、勢いの面でどうでしょうか。


逆に安定感があるのは中山の牡馬

勝率こそ二桁に届かないものも、複勝率は優秀で、回収値もそこそこ。

1番人気の成績は、1-3-1-1 勝率16.7% 連対率66.7% 複勝率83.3%

1~5番人気に広げても、3-7-3-12 勝率12.0% 連対率40.0% 複勝率52.0%

オッズで見てみると、2.0~3.9倍の間の支持ならば3-3-1-0で複勝率100%!

中山マイルの特別戦でフジキセキ産駒牡馬を見つけたら、まずは人気をチェックです。



では、阪神(改修後)ではどうかというと、牡馬と牝馬で明暗がくっきり分かれています。

まず、牡馬は中山並の安定感で、複回収値はプラスです。

一方、牝馬はエフティマイアの激走以外は着外で、やや手を出しづらい感があります。

ややサンプルは少なめですが個々を解析してみました。



まずは牡馬。中山と同じように人気別・オッズ別に見てみると

1番人気 2-0-0-0
1~5人気 3-1-2-5 勝率27.3% 連対率36.4% 複勝率54.5% 単回収値117 複回収値90
2.0~9.9倍 3-1-2-4 勝率30.0% 連対率40.0% 複勝率60.0% 単回収値129 複回収値99

中山と比べると、阪神の牡馬はアタマも狙えるようになりました。

東京・新潟で好調という事実から、直線の長く瞬発力を活かせるコースのほうが

単勝まで突き抜けることができるのかもしれません。


牝馬の成績を見てみます。エフティマイア以外の着外12頭の人気を見てみると

1人気1頭、3人気1頭、6人気2頭、7人気2頭、8人気1頭、9人気1頭、二桁人気4頭

おおざっぱに言うと、1~5人気2頭、6~9人気6頭、二桁人気4頭

この支持ならこの成績も仕方ないかな?という気もしてきますw

出走レースを詳しく見てみると、全13頭中G1レースへの出走が5頭、重賞1頭でした。

サンプル数の少なさを加味しても、阪神マイルのフジキセキ牝馬はいまいち、と判断を下してしまうのは早急な気がします。


ということで・・・阪神マイルのフジキセキ産駒は
牡馬は高い安定感、単勝の勝負もアリ
牝馬は今後を要チェック


このようにさせていただきます!



最後に今開催の中山・阪神マイルの特別戦を抜粋しておきます。

これらのレースにフジキセキ産駒が出走していたら、このエントリを見返してみてくださいw

もちろん、東京開催直前には東京マイルの狙い目も取り上げる予定です!

9/12(土) 阪神8R 甲東特別(1000万)
9/13(日) 中山11R 京成杯AH(G3)
9/20(日) 中山9R 上総特別(1000万)
10/3(土) 中山10R 外房特別(1000万)
10/4(日) 中山10R 秋風S(1600万)
10/4(日) 阪神10R ポートアイランドS(OP)
スポンサーサイト
[ 2009/09/11 01:00 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL