スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アグネスデジタル産駒は変態・・・じゃなかった?

以前、アグネスデジタルの産駒について触れた気がします。

父親に似て、変態的な馬が多い、っぽいことを書いたような・・・w

アグネスデジタルはG1を6勝していますが、特に印象的なのが

南部杯→天皇賞秋→香港C→フェブラリーSと、条件の異なるG1を四連勝したことでしょうか。

産駒にもこの特徴はよく出ているように思います。つまり、前走と異なる条件での激走です。

今年の3歳牝馬・グランプリエンゼルが特徴的で

3歳500万・ダ1200m1着→3歳OP・芝1200m1着→3歳G1・芝1600m3着→古馬混合G3・芝1200m1着

条件を変えて好走する父にそっくりですよね。

僕の印象では芝・ダ替わり、距離短縮で好走している気がしたのですが・・・。

条件 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
芝→芝 39-43-37-286 9.6% 20.2% 29.4% 73 89
芝→ダ 9-6-3-78 9.4% 15.6% 18.8% 175 87
ダ→芝 4-4-4-74 4.7% 9.3% 14.0% 74 44
ダ→ダ 36-32-40-276 9.4% 17.7% 28.1% 42 90
同距離 46-40-35-280 11.5% 21.4% 30.2% 87 87
距離短縮 26-23-22-204 9.5% 17.8% 25.8% 69 85
距離延長 16-22-27-230 5.4% 12.9% 22.0% 51 83


思ったほど、条件替わりの成績はよくなかったですw 特に、ダ→芝はちょっと買いづらいですねぇ・・・。

ただ、芝→ダでは芝→芝、ダ→ダ並みの勝率で単回収率は175%になっており、アタマで穴狙いができそうです。

実際、9勝の内訳を見てみると単勝倍率は31.3倍(10人気)、19.6倍(6人気)、55.8倍(8人気)、39.1倍(9人気)と穴の4勝が含まれています。

あとはイメージ通り、距離短縮のほうが成績は良いですね。ただ、回収値は距離延長とさほど変わらないという・・・(´ε`;)ウーン

それ以上に、普通に同距離のが成績がバツグンに良いってのは、このエントリの存在を危うくさせますwww



そこで、もういっちょ条件替わりって面で調べてみました。

条件 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
芝→芝 同距離 20-21-11-114 12.0% 24.7% 31.3% 81 66
芝→芝 距離短縮 7-9-17-94 10.7% 22.3% 30.4% 113 121
芝→芝 距離延長 12-13-9-78 5.5% 12.6% 26.0% 29 90
ダ→ダ 同距離 20-15-21-115 11.7% 20.5% 32.7% 56 112
ダ→ダ 距離短縮 11-8-11-72 10.8% 18.6% 29.4% 32 79
ダ→ダ 距離延長 5-9-8-89 4.5% 12.6% 19.8% 29 67


なんとか、エントリ更新はできそうですかね?ww

前走と同条件だと、堅実に走ってきますが、それ以上に距離短縮がおいしい!

特に芝→芝の距離短縮は、芝→芝の同距離と同じ成績なのに、回収値は跳ね上がり

芝→芝の距離延長と比べ、勝率と連対率はダブルスコアに近い成績
です。

一方、ダ→ダの11勝は全てが単勝10倍以内。しかも、単勝5倍以内が9勝ですので、堅実に走るイメージでしょうか。

穴っぽいところを狙うなら、断然芝→芝の同距離と距離短縮です。



まとめましょう。

アグネスデジタル産駒は、芝→芝、ダ→ダの同距離で堅実に走ります。

芝→芝の距離短縮では穴狙いも可、ダ→ダの距離短縮では上位人気を狙う。


デジ産駒はさらに掘り下げる要素がありそうです。次回以降のエントリでご注目ください!

さて、今週のキーンランドCにはグランプリエンゼルが登録しています。これは芝→芝の同距離。

今回も上位は堅い??

スポンサーサイト
[ 2009/08/27 00:12 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL