スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏競馬本番

無かったことにしてしまったよ!!!w


さてさて。
今週は各地で芝の中距離戦が行われます。
僕としては、なんとしても的中させたい条件。


注目したいのは
・競馬場替わり
・過去の激走実績
・福島・阪神開催がブラインドになっている馬
ですかねぇ。
夏競馬は実力伯仲のメンバーになることが多いので、適性の差が決め手になりやすいです。
特に新潟は特殊な競馬場ですので、過去の実績や芝の適性、馬のキャラを十分に吟味したいところ。


その意味で、3つ目に挙げた点は大事です。

福島から新潟替わり
阪神から小倉替わり
本州から札幌替わり

福島と新潟は適性が大きく変わります。
芝も軽くなるし、早い上がりを使える馬に持ってこい。
福島中距離はマイラータイプでもこなせますが、新潟中距離は、よりスタミナが求められます。

阪神→小倉では、単純に坂→平坦というシフトに加え
パワーのいる芝→軽い芝になります。

本州→札幌では洋芝に替わり、重い芝の適性が求められます。
開催が進めば新潟→札幌という臨戦過程もありますが、こちらにも要注意。


夏競馬は勢い、と言われますが、それにホイホイ従ってしまうのは危険。
近走だけでの判断では好配当にはたどり着けません。
過去の好走実績や馬の適性を吟味して、上手に買い・消しの判断をしたいものです。

逆に言えば、多数の人は新聞の馬柱しかチェックせず、それより前の成績を知ることは難しいわけです。
近3走くらいをチェックして、投票行動が為されると人気の形成にも影響が出ますよね。
すると、うまい具合に狙いの穴馬が人気落ちしてくれて、中穴党としては助かるのですwww


夏競馬は難しいです。
ただ、ちょっとの適性差が結果に大きく影響することもあるので、ぜひぜひチャレンジしてみてくださいっ。
スポンサーサイト
[ 2009/07/14 11:57 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL