スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 中山11R ◎マコトギャラクシー

◎マコトギャラクシー
○アーネストリー
▲マイネルラクリマ
△シャドウゲイト



無欲の追い込みにかける◎マコトギャラクシーの馬券圏内進出に期待。
○アーネストリーは万全とは言えないが、実力は段違い。
▲マイネルラクリマは仕上げてきており、54kgは魅力。
△シャドウゲイトは中山巧者。近走の先行は好調の証。
溜めて突き放すカリバーンにとって、今回の展開は鬼門。


馬券は◎○の三連単2頭軸マルチ、複勝◎を予定。



とんでもなく長々と書いてしまったので、以下省略ですw

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/25 12:17 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)

土曜競馬予想 中山11R ◎トーセンアレス

◎トーセンアレス
○パールシャドウ
▲プレシャスジェムズ
△ドットコム
×ヤマニンバッスル
×マエストラーレ
×インフィニットエア



中山ダ1800の上級条件は、基本的に格上の馬からでオッケー。
急坂を2回クリアするコースで、スタミナ・底力が問われる舞台。
その流れを前々で押し切れる馬がこの舞台で強い、というのはエルムSの札幌ダ1700の場合でも同じ。
クラスが上がるにつれ、上がりも速い時計でまとめてくるので
中途半端な実力では跳ね返されるコース。



◎トーセンアレスはテンが速いと追走で手一杯になってしまうタイプに思う。
中山ダ1800ではスッと動けるのに、他のコースでは4角で前を射程圏内に捉えられないというのは
そこに理由があるようにも思う。

このコースでの実績は言うまでもなく、3歳時の伏竜Sが非常に好内容。
既に古馬1000万下と謙遜ないレース内容だったのだから、利根川特別は勝ってしかるべきレースだった。
問題はそこからの成長だが、新潟ダ1800は中山ダ1800と正反対で、上がりタイプが台頭する舞台。
昇級後の2戦を以って「トーセンアレスに成長なし」と見限るのは早計。


○パールシャドウは今年2月の1000万下が好内容。
テンが速くなった時にどうなるかだが、うまく前々で捌ければ。
ダートはまだ3戦だが、この条件で穴をあける可能性はある。


▲プレシャスジェムズはこのコースで0-2-1-3、内1600万で0-2-1-1
一見、信頼が置けるように見えるがこの内訳は次のとおり。

10年北総S(3着) 37.5-38.7-36.9
10年フェアウェルS(13着) 35.7-38.3-38.3
11年招福S(2着) 37.2-38.8-36.7
11年アレキサンドライトS(2着) 36.9-38.7-36.9

いずれのレースも逃げ・先行しており、要は前半いかに楽できるかがカギで
38秒台の上がりのかかる展開はそこまで信頼できないタイプ。
これは今夏の函館1700を見ても一目瞭然。
中山ダ1800での実績は展開が向いたことも多少、影響しているだろうし
本質的には急坂1800より、平坦1700のほうが向いていそう。
今回ハナは奪えるだろうが、このコースでマークされる立場では、信頼度は今一つ。


△ドットコムは芝ではあるが中山中距離はよく走る馬だった。底力の要る展開でこそ、という馬で
これがダートに替わって、案外良い方向に出るかもしれない。
変わり身を見せているし、ここでも信頼。


×ヤマニンバッスルはこのコースに実績があり、去年の鋸山特別も好内容。
展開待ちのタイプだろうが、軽視はできない。
×マエストラーレ、×インフィニットエアも中山ダ1800に実績があるが
1600万昇級後はピリッとしない。3着なら紛れるかもしれないが・・・。


ラドラーダは弟ゴルトブリッツのこともあって、初ダートながら人気に。
タイプ的には急坂ダ1800を好走できるタイプではないので、この人気ならバッサリ。



馬券はトーセンが2着に負けることも考えられるので、馬連◎-○▲△と三連単○▲△→◎→印
関連記事
[ 2011/09/24 13:08 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)

月曜競馬予想 札幌11R エルムS◎ランフォルセ

◎ランフォルセ
○エーシンモアオバー
▲クリールパッション
△スターシップ
×バーディバーディ



エーシンが逃げる展開も、ランフォルセも先行or早めの競馬をしてくるはず。
必然的に前のマークは厳しくなり、エーシン→ランフォルセの目はないと決め撃ち。
エーシンは緩みないペースで逃げて崩れることはないが、逃げ切れるだけの力もない。
2・3着付けが有望。展開によっては、大きく崩れるおそれもあるけど、今日は前有利だから大丈夫でしょ。

ランフォルセが崩れる時は、大体スタートで後手を踏むパターン。
前走も躓いたが、立て直してレコード勝ち。
56kgで得意の1700だったら大丈夫と思うが・・・。

あとは前がやりあった時に突っ込んできそうなのが▲クリールパッション。
しぶとく残りそうなのは△スターシップ。

馬単◎→○▲△、三連単◎→印⇔印で、◎○の組み合わせを厚く。
関連記事
[ 2011/09/19 15:00 ] 競馬予想 | TB(1) | CM(2)

日曜競馬予想 阪神11R ローズS◎ビッグスマイル 他

ローズS
◎ビッグスマイル
○ホエールキャプチャ
▲エリンコート
△マルセリーナ
△ドナウブルー
×リヴァーレ



トライアルは休養明けの人気馬を軽視して、アタマできそうな馬を探す作業から。
メンバーを見回すと、これはスローになりそう。
実力馬があっさりか、差しでくすぶっていた馬が先行して覚醒か、切れ味だけの穴馬が突っ込んでくるか。

人気馬はホエールキャプチャ、マルセリーナ、ビッグスマイルが差し馬。
エリンコートは先行もできるタイプで、好位差しとでもしておきましょうか。



マルセリーナ陣営のコメントを見ると「どんな内容の競馬ができるかにこだわりたい」そうなので
案外、前で競馬したいんじゃないかと思う。ユーイチだって、乗り替わっての「味」を出したいなら
あえて後方からの競馬をする必要もないし、トライアルだからまだ試せるわけだし・・・。
(ユーイチが思い切った競馬をできるかどうかは微妙だけどw)

ただ、調教がCW一杯で86.4-11.5というのは物足りない数字。
この馬は体質弱いところがあるので、ここは間違いなく叩き。本数も少ないし。
能力だけで勝っちゃうメンツならまだしも、今年は相手が揃っていて分が悪い。
スッと先行できるイメージはないし、結局後ろからかな。
取りこぼしがありそうだから、押さえ程度の評価で。


ホエールキャプチャは十分に本数消化してるし、動きも良い。栗東に入厩して準備万端。
去年アニメイトバイオを狙った理由は「急坂コースにも、軽い芝のコースにも実績がある」というポイント。
野芝開催となる今の阪神ならではのポイントですね。
この馬は中山で芙蓉Sを勝っており、東京のクイーンCを勝利。阪神JFと桜花賞で2着。
そう考えると、まさに好条件かと思います。中心人気の3頭の中では、最有力かと。


エリンコートは、タフな競馬が得意な馬だと考えています。
距離が1400→1800→2000→2400と延長を重ねて3連勝。
しかも急坂の阪神コースと、雨で差し馬が上位を重ねたオークスだというのがポイント。
そう考えると、野芝で芝1800のローズSは激走ポイントからやや外れる?
素軽いタイプの馬に足元をすくわれそうな気がします。
前で競馬することもできるのは魅力ですが、アタマでくるイメージはありません。



ということで、中心人気の3頭の序列はホエールキャプチャ>エリンコート>マルセリーナ
この3頭、特にホエールキャプチャに先着できる馬はいるか?というのがこのレース最大のポイント。


ビッグスマイルはここ3戦の末脚が素晴らしく、33.8、32.5、33.6
この軽さは、前述した3頭にない素質。まぁ、京都と新潟だから当たり前なんだけど。
(人気の3頭は意外と上がり33秒台の脚を使ったことがない。マルセリーナの33.9くらい)
スローになった時の決め手だけは優秀なのがこの馬。
前走も決して「どスロー」ではないレースで、33.6秒の脚で差しきり勝ち。

ただでさえスローの決め手勝負になりやすい阪神芝1800なら
案外この馬が通用しちゃうんじゃないかと考えています。
調教も栗東坂路で53.1-11.9というのは自己ベストを更新する時計。
権利獲りに勝負を賭けてきているし、未知の魅力に期待してこの馬を本命視。
あとは鞍上が「しーざりこ 絶対に許さないリスト」入りが有望の北村友一なのがな・・・。



で、あとは当然、野芝で開幕2週目ということを考えて、先行勢。
と、いきたいところだが、先週は先行馬が苦戦。
それじゃあ、札幌中距離あたりで先行して好走している馬。今年は皆無・・・。
あんまり狙いたい馬があとはいない気が・・・w



マイネイサベルは瞬発力というよりむしろ、脚の持続力で勝負の馬。
この舞台は展開が向かないと。でも、この馬に向く展開になると
マルセリーナが先着しそうな気が。どっちにしろ、今回は?
あと、放牧先で乗り込まれてはいるんだろうけど、帰厩後の調教本数3本というのは不安。
府中牝馬Sにでも出てきたら買いたいところw

メデタシは良いころの動きと程遠いから軽視。

ドナウブルーは距離が延びて良さそう。そもそも、1400とか走るわけねーし・・・。
こっちも本数3本が不安といえば不安。ただ、動きは良くなっているので一応、押さえ。

リヴァーレの動きが良く、軽い芝で崩れていないのと、中山で2着しているのにわずかな望みをかけて押さえ。


馬券は◎から馬連の予定。オッズ次第で三連系も。



おまけ
セントライト記念
◎フェイトフルウォー
○ターゲットマシン
▲ベルシャザール
△サダムパテック
×マイネルメダリスト


中山芝2200で狙いたいのは、よどみない流れを前々で押し切れる馬。
フェイトフルウォーの京成杯は、まさにドンピシャの内容。とにかく先行できれば・・・。
ターゲットマシンはラジニケ賞を評価。
穴として狙うのがちょうど6枠の2頭なので、ここは枠連でながし。
一応、三連複BOXでもつくので押さえ。

トーセンラー、サダムパテックはアタマでくるイメージなし。前者は菊花賞で狙いたい。
関連記事
[ 2011/09/17 21:56 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)

土曜競馬予想 中山10R 鋸山特別◎リバティバランス

◎リバティバランス
△ジールドリル
△ディビリーヴ
△カンマビード
△アオゾラペダル
△ホノカアボーイ



◎リバティバランスは中山ダ1800に実績アリ、1800より長い距離で実績アリ、同級・格上実績アリと
中山ダ1800を好走する要因が勢ぞろい。調教もトラックコースで一杯に追われており
ここは鉄板級と見る。

相手を見ても、この馬に先着できそうな馬は見当たらず。素直に馬単1着固定でながし。
関連記事
[ 2011/09/17 12:45 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)