スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土曜競馬予想・改

今日の予想はこちら


まだ朝の時点だけど、京都9Rの◎シャドウエミネンスがあんまり人気にならないっぽい?
これは攻めるかー。とりあえず、単勝・馬単◎⇔印・ワイド◎○・三連複◎1頭軸ながし・三連単◎○2頭軸マルチを予定。


で、問題は東京7Rで◎ショウナンカライスが微妙な人気w
今のところ1番人気のリンゴッドは東京に良績も持ち時計が微妙で・・・。
ただ、逃げるタイプだしやっぱ押さえたほうがいいのかなー。
ダイワベルベは東京不向きと見て切るのですが、それでも10頭中7頭に印・・・これは微妙。
ただ、どの馬も切るに切れないのですよ・・・2頭軸を決めこんで馬券戦略立てたほうがいいですかね。

ということで、練り直したのがこちら。

◎ショウナンカライス
○リンゴット
△ベリアル
△ミヤビファルネーゼ
△エーブポセイドーン
△プレミアムパス


結局、こうなりますよね・・・w
△ベリアルは距離短縮で結果を出している馬で、東京芝1600だとどうかなと。

馬券は馬連◎-印、三連単◎○2頭軸マルチ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/30 07:58 ] 競馬予想 | TB(1) | CM(3)

土曜競馬予想 京都9R◎シャドウエミネンス、東京7R◎ショウナンカライス

はい、天皇賞ウィークに青葉賞すら無視して平場予想です!w


まずは京都9Rのあやめ賞
◎シャドウエミネンス
○エーシンミズーリ
▲デウスウルト
△カリスマミッキー
△カピオラニパレス


このレースの出走メンバーは11頭中
はなみずき賞組が4頭、ネモフィラ賞組が2頭で、あとは500万下と未勝利。
レースレベルをしっかり測って予想したつもり。

まず、はなみずき賞を比較してみると
はなみずき

3歳500万下のレースながら、古馬1000万と互角のラップを刻んでいます。
大きな差が出たのは上がりの3F、とくにラスト2F。
バテて当然とも思います。ただ、この時期に古馬1000万並のレースができれば
同世代相手には威張れるよ、というのが今年のスプリングSだったりフラワーCだったと思うのです。

このレースで評価したいのが◎シャドウエミネンス。
今回の出走メンバーでは最も前で競馬していて、それでいてラストの伸び脚もなかなか。
元々、先行する競馬が持ち味の馬なので、今回は多頭数→少頭数で競馬がしやすくなり
2週目の京都芝1800ならおそらく前は止まりにくいはず(馬場がどうだかわからんけど)
多少、荒れ馬場だとしても母父ティンバーカントリーなら問題なし?

はなみずき賞組以外は、あまり評価できず。特にネモフィラ賞は未勝利並みとみて軽視。
ねも


▲デウスウルトは未勝利の内容がそこそこ。
でう

前走が不可解だけど、阪神でやや重のタフな馬場より、軽い芝で平坦の京都のほうが良いのかも。
ただ、明日もパンパンの馬場とはいかなそうなので。

○エーシンミズーリはなかなか勝ちきれないけど
ある程度のメンバー相手に善戦続けているので、ここは素直に。
トウシンイーグルはペースが落ち着くと切れ負けしそう。京都より阪神のほうが良いんじゃ。
△カピオラニパレスもあんまり魅力は感じないけど、京都コースは合いそうだから押さえる。


馬券はオッズ次第ですが・・・◎単複、馬単◎⇔印、三連複◎-印、三連単◎→印→印
ぐらいいっても全然良いと思ってます。



続いて東京7R
◎ショウナンカライス
△ベリアル
△リルバイリル
△プレミアムパス
△エーブポセイドーン
△ミヤビファルネーゼ



ここまでの流れで気づいたかもしれんけど、はなみずき賞で2~3番手追走して0.1秒差4着なのがこの馬。
こっちは逆にタフな馬場のほうが良いかもしれんけど、(おそらく)前有利の馬場なら押し切れちゃうんじゃないだろうか。
同じく△エーブポセイドーンも先行する競馬をして0.5秒差の10着。
字面は悪くとも、内容は充実したものだと感じる。一応、押さえ。

他は一長一短で、混戦なので広く押さえてみる。
距離が延びてよさそうな△ベリアル。軽い芝で巻き返せるかも△リルバイリル。
単勝万馬券での勝利も内容よかった△プレミアムパス。
条件合わないかもしれないが、調教がかなり良かった△ミヤビファルネーゼ。
これらの相手からオッズで馬券を考えます。

◎ショウナンカライスが1番人気になりそうなので馬単か三連単かな?
関連記事
[ 2011/04/30 00:27 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)

天皇賞春、攻略のポイントは? それより気になるのは・・・

今週末の中央競馬は天皇賞春ですね。基本的に自分は長距離苦手です・・・w
このレースも当てた記憶がないですねー。
距離が長いほど、ラップ分析もあまり有効とは言えないので・・・今年も苦戦しそうです。


まず、この3200mという距離を意識するとなると、そもそもの距離適性が問われます。
「スローペースの逃げ・先行馬」「ハイペースの差し・追い込み馬」というのは
基本的には展開が向いて、好走することが多いですよね。
しかし、この展開の後押しがありながら、今一つの結果に終わっている馬は
そもそも、その距離が合っていない可能性を考えたほうが良さそうな気もします。

次に、基本的には距離が長くなればなるほど、調教量が必要であると考えています。
ある程度の本数は消化していてほしいところ。

そして、血統面ですが、結局のところ難しいんですよねw
過去10年で父サドラー系が3-1-0-8! 父ハンプトン系が1-0-4-5! とかいっても
結局、父サドラー系はオペラオーが2-0-0-0でサムソンが1-1-0-0なだけ。
父ハンプトン系はトプロが0-0-3-0、ヒシミラクルが1-0-0-1、アイポッパーが0-0-1-3、セイウンスカイが0-0-0-1
結局のところ、その馬の実績ありきな気がします。

意外と大穴あけてるのが母父ミスプロ系って時点でもう・・・w
ビッグゴールドが14人気2着、スズカマンボが13人気1着、メイショウドンタクが16人気3着などなど。
それぞれ、ブライアンズタイム×ミスプロ、サンデーサイレンス×キングマンボ
マンハッタンカフェ×マキャベリアンで、普通に考えたら中距離までって思いますよね。
なので、変な先入観を持つよりは、あんまり気にしないで良いんじゃないかな?と思ってます。

馬券は難しくなりそうなので、むしろ自分にとっては日曜東京のスイートピーSとかのほうが予想しやすいかも。
3歳戦は能力比較が割りとしやすいかもしれないので、青葉賞もちょっと手を出したいですね。
あとは去年の夏にコツをつかみかけた新潟直千。開催進むに連れて使えないコツなんですけどねw


そんな感じで、今週のメインはスイートピーSにしようかと思ってる次第です・・・w
今週は全く期待に添えませんが、どうかご容赦を(;´∀`)
関連記事
[ 2011/04/26 22:42 ] 競馬 | TB(0) | CM(2)

皐月賞、オルフェーヴルの1強かというと・・・

予想エントリはこちら

1着△オルフェーヴル
2着○サダムパテック
3着**ダノンバラード
14着◎カフナ



皐月

今のところ、07年フローラSが近い流れで見つかりました。
細かい推移はやや異なるのですが・・・他にレースがあるかどうか探してみます。
ちなみに、このフローラSは1着に差したベッラレイア、2着に同じく差したミンティエアーでした。
この2頭はそれぞれオークスで2着・4着。ということは、オルフェーヴルもダービーで?
と言いたいところですが、馬体が減り続けているオルフェーヴル。
ダービーでも減るようだと、磐石とはいえないでしょう。ステイゴールド産駒だし。


結局、前走のスプリングSで、東京芝2000向きの内容で結果を出したオルフェーヴルが1着。
同じく東スポ杯で結果を出したサダムパテックが2着でした。

3着ダノンバラードは「中盤緩んで、上がりがかかる」という展開に注文がつくタイプと思っていました。
今回は中盤緩んで、とは微妙ですが、上がりはかかる展開でしたね。内枠というのも良かったかも? 
4着デボネアは小回り2000mならかなり良い競馬をしてくれるような。
上がりかかる展開でも、瞬発力勝負でも、持続勝負でも頑張ってますよね。
5着ナカヤマナイトはやっぱ中盤緩んで、上がりだけの勝負とかなら強いんですが
クラスが上がってどうかというタイプでしょうか。一応5着とカタチはつけましたが
ちょっと水をあけられてしまった感もあります。

◎カフナは14着。うーむ・・・強気に推した割には・・・(´・ω・`)
ダノンミルがデビュー以来馬体を減らし続けて-4kg、カフナが-10kgだったのを見ると
若葉Sの消耗が激しかったの「かも」しれません。
ただ、若葉Sが東京芝2000向きのレースだったかというと・・・。
カフナくんには、この借りを今後返していただくことにします!
儲かる馬であることは間違いないと思ってます。


詳細な分析はダービー前あたりにやりたいと思いますが
ダービーで有力な馬が見つかったかと言われると、ちょっと微妙な感じです。
関連記事
[ 2011/04/24 22:43 ] レース回顧 | TB(0) | CM(4)

日曜競馬予想 東京11R・皐月賞◎カフナ

◎カフナ
○サダムパテック
△ナカヤマナイト
△ダノンミル
△ベルシャザール
△オルフェーヴル
△フェイトフルウォー


その1 下準備編
その2 考察編
その3 東京芝2000に繋がりそうなトライアルは?編
その4 若葉ステークス編


その4で触れたように、若葉ステークスは非常に内容の濃い一戦。
中でもカフナは古馬トップクラス並の内容で好走しています。
ダノンミルは速い上がり勝負に疑問符がつきますが
カフナは速い上がりも出せるし、その持続力もあります。
東京芝2000でも見せ場を作ってくれるのではと思います。
うまく先行して、そのまま抜け出してくれれば!
詳細は「その4 若葉ステークス編」参照でお願いします(;´∀`)

他はレベルの高いレースで好走した馬や、東京芝2000で必要な適性を持つであろう馬に印を打ちました。
こんだけ押さえれば、少なくともワイドですら抜けるという事態はほとんど避けられるはず・・・。
単勝◎、馬連・ワイド◎-印、三連複1頭軸◎-印


ちょっと時間が足りなかったので、明日は皐月賞1本で!
気になる馬はいるっちゃいるんですよ。
橘Sのアルティシムス
(前にブログで「上がりかかりそうな展開で」と紹介。距離微妙だけど、一応単勝で)
新潟6Rのトワインブルーム
(新潟ダ1800で母父GS系が好走。近走で速い上がり出してるし、重馬場も僅差で走る馬。この舞台で複勝圏なら)

日付変わって今日も仕事ですので、このエントリは自動更新です(´・ω:;.:...
関連記事
[ 2011/04/24 00:49 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)