スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トライアルレース回顧 スプリングS

まさに、誰得記事w
自分のメモ代わりになりつつあります。
相変わらず長文で見づらいですがご容赦の程・・・。


 スプリングSラップ
1999111.237.236.837.212.5-12.2-12.5-12.6-11.7-12.5-12.5-12.2-12.5
2000109.136.635.936.612.7-11.6-12.3-12.1-11.7-12.1-12.4-12.2-12.0
2001110.137.237.035.912.6-11.7-12.9-12.2-12.0-12.8-12.0-11.7-12.2
2002106.934.736.735.512.2-11.1-11.4-12.0-12.2-12.5-12.1-11.8-11.6
2003108.235.537.435.312.4-11.1-12.0-12.4-12.2-12.8-12.1-11.6-11.6
2004108.336.036.136.212.5-11.6-11.9-11.9-11.8-12.4-11.9-12.0-12.3
2005107.935.736.235.412.4-11.1-12.2-12.1-11.9-12.2-11.8-11.8-11.8
2006108.936.935.636.413.0-11.9-12.0-11.8-11.6-12.2-12.1-12.0-12.3
2007109.036.036.336.712.7-11.6-11.7-11.9-12.0-12.4-12.2-11.9-12.6
2008108.936.337.035.612.6-11.3-12.4-12.0-12.5-12.5-12.0-11.6-12.0
2009110.836.639.035.212.3-11.5-12.8-13.0-13.0-13.0-12.3-11.4-11.5

2000年1着ダイタクリーヴァ2着
2002年1着タニノギムレット3着
2003年1着ネオユニヴァース1着
2003年2着サクラプレジデント2着
2004年3着ダイワメジャー1着
2006年1着メイショウサムソン1着
2006年3着ドリームパスポート2着
2007年8着サンツェッペリン2着

表の中盤を見てわかるように、先行馬が中盤36秒を切るレースを勝つと本番でも勝負になります。
これは京成杯・弥生賞のエントリでも書いたように、本番が厳しめのレースになりやすいためだと考えます。
厳しい流れを先行して押し切れれば、それだけ本番でも好走する確率は高くなります。
では、中盤が平凡以下に流れた場合どうするか。
それは、それでねらい目になりますw

例えば、2007年のサンツェッペリン。
前半1000mが58.5秒とハイペースになったホープフルSを勝ち馬より早めに動いて2着。
後半1000mが12.1-12.2-11.4-11.4-12.2と早いラップで流れた京成杯を逃げて1着。
持続力や底力に秀でた本馬が、ダラダラ流れたスプリングSを後方から進めて大敗。
それが、皐月賞ではあの激走です。
このように、スプリングSに限らず、トライアルレースの凡走で評価を下げている馬でも
本番の流れでは一変することもありますので、スプリングS以前の成績にも要注意です。

この辺りは半笑い氏の著書に詳しいので、立ち読みしてみてはいかがでしょうか。



一方差し馬の場合、中盤が37秒台にまで落ちて
レース上がりが35秒台のレースを勝つと本番は取りこぼしがちですね。
そもそも、上がりが35秒台になった2001年、2002年、2003年
2005年、2008年は全体的にスプリングS組は不振。
2003年こそワンツーを飾りましたが、ネオユニヴァースは重賞2勝目
サクラプレジデントも朝日杯2着の実績がありました。
タニノギムレットも重賞3勝目で、同じくスプリングS以前に実績のあった馬でした。
・上がり35秒台になったスプリングSを差して好走した馬は、本番で買いづらい。
・本番で買うにはある程度の実績が必要。

この2点を覚えておけば大丈夫かと。

2001年35.9秒16頭3着ミレニアムバイオ7- 7- 7- 6+0.1秒皐月賞17着
2002年35.5秒16頭1着タニノギムレット13-12-12-14 3着
2005年35.4秒16頭1着ダンスインザモア14-14-10- 8 8着
2008年35.6秒16頭2着フローテーション9- 9- 8- 8+0.0秒11着
2009年35.2秒16頭1着アンライバルド7- 8- 8- 7 
2009年35.2秒16頭3着フィフスペトル12-12-11-10+0.2秒

そして、今年です。
強風の影響で中盤が39.0秒もかかる中だるみ。上がり3Fは35.2秒で過去最速です。
過去の傾向でいくと、上位馬を疑うパターンですね。
スプリングS以前の戦績で目を引くものがなければ、バッサリでもいいかもしれません。
逆に言えば、本番が厳しめのペースになると波乱を演出する馬がいてもおかしくないと考えています。
出走予定馬は1着アンライバルド、3着フィフスペトル、4着サンカルロ
7着リクエストソング、13着トップクリフォード、16着イグゼキュティヴ。

次回は若葉S回顧の予定です。
牝馬戦線に関しては、時間がとれれば・・・。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/03/30 13:02 ] レース回顧 | TB(0) | CM(2)

高松宮記念

直前で◎ローレルゲレイロから◎アーバンストリートに変更し・・・orz
が、そもそもスリープレスナイトは切り、買っても3着ヒモだったので
それがもう仕方のないこと。3着ソルジャーズソングはヒモで買ってたんだけど。

どうもチグハグな結果。
そして、たぶん、3月はプラスになったレースが0ですwww
どういうことなの・・・。
関連記事
[ 2009/03/30 12:54 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)

競馬予想 日曜中京11R 高松宮記念

◎ローレルゲレイロ
○ビービーガルダン
▲アーバンストリート

三連複フォーメーション
13-(3,7,8,9,15,16)-(2,3,6,7,8,9,12,15,16) 33点

短距離はわかりませんw
スピード満点のローレルゲレイロに期待します。
ビービーガルダン、アーバンストリート、ファリダット
この3頭はそれほど差はないと考えています。
関連記事
[ 2009/03/29 02:20 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)

ドバイミーティング

28日深夜はドバイミーティングですね。
グリーンチャンネルはノースクランブル放送!ありがたいね~^^
と、契約してる僕が言っても実感がないんだけどw

つーことで、コミュの掲示板でも告知しましたが
28日深夜は日本馬の出走するレースを中心に
ドバイミーティングの模様をお届けします。

基本はユースト(http://www.ustream.tv/channel/cesari-ko)で垂れ流して
日本馬の出走するレースが近づいたら、ニコ生での枠取りに挑戦します。

ここで注意!
※しーざりこが観戦する様子をお届けするだけの配信です
※映像配信はありません。
※生活雑音が混じります。
※生活雑音にレースの音声が混じることがあります。
※それはただの生活雑音です。



・・・察してくださいw
関連記事
[ 2009/03/28 01:03 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)

競馬予想 土曜阪神10R 毎日杯

土曜阪神10R 毎日杯
11アプレザンレーヴ
8ストロングリターン
14アイアンルック
7ミッキーパンプキン
5オオトリオウジャ
×10ワイドサファイア
×6スリーロールス
×3シルクダンディー


去年の◎はディープスカイ。狙えた理由は「安定して高いレベルの末脚を発揮している」こと。
阪神芝1800m(外回りコース)は瞬発力勝負になりやすく
メンバー中最速の上がりを出した馬が馬券にからみやすいレースが多いです。
33秒~34秒台の勝負になることもざらにあります。
今年も積極的な逃げ馬はいないので、スローの上がり勝負になると思われます。


◎アプレザンレーヴの前走はラスト3Fが11.5-11.2-11.7の34.4秒。
東京競馬場によくある、直線だけの競馬といっておかしくなく、瞬発力が問われる内容。
このレースで◎アプレザンレーヴの上がり3Fは33.8秒、しかも3馬身差の圧勝でした。
2着に下したピサノカルティエはすぐに500万下を勝ち上がり
3着に下したネオレボリューションも次走の500万下で0.2秒差の3着に食い込みます。
レベルの高さは疑いのないものかと思います。


実はディープスカイも似たような経験をしています。
東京マイルの500万下で、ラスト3Fが11.3-11.4-11.8の34.5秒。
このレースを上がり3F33.4秒の鬼脚でクビ差の2着に迫ります。
その後、アーリントンC3着(上がり34.1秒)→毎日杯1着(上がり34.8秒)以降、G1戦線へと続きます。


アプレザンレーヴの場合、上がりの速さはディープスカイに及びませんが
3馬身差をつけての勝利は価値があるものと思います。
アプレザンレーヴを後押しするデータをここで紹介します。
過去10年で3歳500万下のレースで0.5秒以上差をつけて勝った馬の次走成績は
芝 17-12-4-48 勝率21.0% 連対率35.8% 複勝率40.7%
やはり、これほどの差をつけるということは、能力が抜けていることの証明ではないでしょうか。


そして、以下の表はクラス別の成績です。
クラス別成績勝率連対率複勝率
500万下
1-1-0-0
50.0%100.0%100.0%
1000万下
6-4-2-21
18.2%30.3%36.4%
OPEN特別
1-4-1-7
7.7%38.5%46.2%
G3
6-3-0-8
35.3%52.9%52.9%
G2
3-0-1-7
27.3%27.3%36.4%
G1
0-0-0-5
0.0%0.0%0.0%


さすがにG1では厳しいですが、他ではどの項目でも安定して複勝圏内に食い込んでいますね。
オープンの勝率だけ低いのが気になりますが、他方G3の数字は傑出しています。
長くなりましたが、こんな感じで本命はアプレザンレーヴにしました。


同様の理由で、「安定して高いレベルの末脚を発揮している」馬を中心に印をとりました。
○ストロングリターン、△オオトリオウジャ、×ワイドサファイアはこの理由です。
▲アイアンルックもまだまだ力を秘めていそう。
穴っぽいところで、×シルクダンディー、×スリーロールス。
△ミッキーパンプキンはすっと先行できるとしぶとい一頭です。


馬券は三連単で勝負します。
11→5,7,8,14→3,5,6,7,8,10,14 24点
7,8,14→11→3,5,6,7,8,10,14  18点


あるいは、馬連で◎-○▲△もいいかもしれません。
当日決めます。
関連記事
[ 2009/03/27 21:25 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)