スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土曜競馬予想 京都10R稲荷特別 東京11R東京新聞杯

現在午前4時。
多摩地域は断続的に雨が降り続いています。
特に夜になってからは雨足が強く、現在でも風を伴い、雨音が響いている状況です。

明日の東京競馬場は不良でしょうね、きっと・・・。
重馬場とか不良のレースほど、やっかいなものはありません。
ラップも補正をかけないといけないし、予想も重馬場を頭に入れておかないといけません。

特にクラシックシーズンの3歳戦で重・不良になると、泣きたくなります。
その点、今開催は重要な3歳戦が薄くてたすかりました。
まぁ、重い馬場状態で好走→底力アリ、と乱暴に定義することもできるのですが・・・。


明日の予想は結局2レース。
京都10R稲荷特別
東京11R東京新聞杯
ただ、状況が状況(開幕週、しかも重馬場見込み)ですので
金額はそんなに張らず、ピンポイントでの的中を目指したいと思います。

京都10R稲荷特別
◎マルカハンニバル
このクラスでは安定性があり、ここは勝っておきたい条件。
前走は大逃げ馬がいる前傾レースで2番手追走の2着。
若竹賞のレース回顧で書いたとおり、大逃げレースを2番手追走で好走した馬は次走要チェック。
馬券は1:3で単複を予定。


東京11R東京新聞杯
◎サイレントプライド
○ローレルゲレイロ
▲タマモサポート
△ショウワモダン
△リザーブカード
△リキッドノーツ
△タケミカヅチ
×キストゥヘヴン

◎サイレントプライドはフレンチデピュティ産駒。
フレンチ産駒の重馬場成績が良いことは言わずもがな。
他の傾向として、格下相手のレースに強い、間隔を詰めるとよくない、揉まれ弱い。
今回は重馬場見込みで、前走より格下の相手で、中3週、外目の枠。
走る条件は十分にそろっている。
懸案は58kg。意外とあっさり負けてしまう可能性もはらんでいる。

○ローレルゲレイロはスプリンター色が強いと思っている。
気分よく走らせれば、スピードを活かしてマイルでも好走は可能。
特に明日のこの条件であれば、スピードは活かせそう。
ただ、大目標はやはりG1。ここで全力の仕上げをしてくるとも思えず、本命視までは・・・。

▲タマモサポートは、テンから飛ばしていく馬がいると流れが向く。
逆にテン3Fや前半があまり早くないと、能力を出し切れない。
能力上位のはずのレースでコケたのは、ここに理由がありそう。
今回は前目で競馬したい馬も多く、重馬場ということもあって
ある程度の流れにはなるだろう。当然、力量上位だしここでも印は厚く打ちたい。

以上、3頭が力量上位と見るが、いずれも一長一短。
△各馬の評価を簡単に。

ショウワモダン・・・重馬場、時計のかかる馬場でピンポイント好走。
リザーブカード・・・まともに走れば当然上位。今回は重馬場で、集中して走れそう。
リキッドノーツ・・・有力馬が前目に多いので、差しで狙いたいのはこの馬。
タケミカヅチ・・・ベストはマイルと見て、激走期待。ある程度、馬場が渋るのも良い。


4歳馬ショウナンアルバ、スマイルジャックはまだ信頼が置けない。このレースの結果を参考にしたい。
ハイペースの力量勝負になると、重賞経験の薄いアブソリュートやゲイルスパーキー、ファストロックは不利。
アブソリュートは良馬場なら東京で。ファストロックは東京向かない印象。中山まで待ちたい。
×キストゥヘヴンの選択は正解。牝馬同士での切れ味勝負より、混合戦のほうが向く。
キャプテンベガやマルカシェンクは意外と脆さがあって、敬遠。
特にマルカシェンクは関東の成績がいまいちで、買い目に加えても魅力が無いので、思い切って消し。
力のいる馬場より、軽い馬場で末脚を活かしたいタイプだろう。

馬券は◎○▲の組合せを本線に。△×は三連複のヒモ程度で押さえたい。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/01/31 04:23 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(3)

明日のニコニコ生放送

開始予定時刻 13時

明日は以下のレースを予想したいと思います。
ただ、東京・京都ともに馬場は重くなりそう、馬券を買うかは未定です。
発走前までにはブログ更新します。

東京11R 東京新聞杯
京都9R つばき賞
京都10R 稲荷特別

そうそう。
明日の昼にスカパーセットが実家から届きます。
ネジがサビてて危険らしい。そうやって設置サービスを使わせようとするんですね、わかります。
自分で頑張ってみます。アンテナ設置放送にならなきゃいいけどww
関連記事
[ 2009/01/30 19:27 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(4)

レース回顧 若竹賞

若竹賞 34.9-36.4-38.4
1着▲ケイアイライジン
2着--モエレオフィシャル
3着△サトノロマネ
------------
5着△メイショウパルマ
6着△トップキングダム
7着○タイフーンルビー
10着◎マイヨール


総評
タイフーンルビーが引っ張るハイペース。1000m通過は58.6秒。
瞬発力タイプの馬より、長く良い脚を使える馬に分があったか。
特に5着メイショウパルマは2戦同じようなレースで、差し損ねた。
このような馬は東京コースに替わって狙いたい。人気が落ちていれば尚おいしい。
一方、先行して2着・3着の2頭は実力を秘めているかもしれない。
大逃げがいるレースでは、実質マークされるのは2番手追走の馬。
大きく逃げている1頭に気を使う一方で、他馬に目標にされる立場でもある。
このような条件で好走できたモエレオフィシャルとサトノロマネは今後も注目。
この一戦で判断するのは危険だが、今後もスタミナレースで好走があれば確信に変わる。

印は厳しい流れを逃げて勝っていたマイヨールに◎
タイフーンルビーはやや人気していて、前走より厳しいレースになると見て○止まり。
ケイアイライジンは実力があるが、気の悪いところがあるので▲
以下は前走で差し損ねたメイショウパルマを△評価に押さえ、サトノロマネ、トップキングダムまで印をまわした。
馬券は三連複◎-印10点

個人的なことを言えば、タイフーンルビーに色々学ばせてもらいました。
同じ競馬場で200m違うだけなのに、差が出るとは・・・もうちょっとコースの解析もしていかないとダメですね。


1着▲ケイアイライジン
いちょうSでは厳しいレースを2番手先行して0.1差2着。
前走のような極端な瞬発力勝負では分が悪く、スタミナレース向きの馬と見ていた。
ただ、フラフラしたり鞍上に反抗したり、気の悪い面を見せていたので、そこが心配点。
今回のようにある程度のペースで流れれば、極端に折り合いを欠くことはなさそうだが、留意は必要。
長く良い脚を使えているし、パワフルな走りを見せた。東京よりは中山向きか。
とにかく気性さえまともになれば。


2着--モエレオフィシャル
完璧にノーマーク。
ゴールドヘイロー産駒は一週間前にモエレビクトリーが京成杯で3着していた。ここにヒントありか?
時計のかかる馬場が合うのかと思いきや、一概にそうとも言えそうではなく・・・。
この展開で2番手追走から2着は立派。勝ったか、とも思わせた。
次走できっちり結果を出すようなら実力は本物。時計のかかる馬場では一応注意が必要かも。


3着△サトノロマネ
芝では安定しており、1-1-2-0。
速い上がり勝負では厳しそうだが、先行してしぶとい競馬ができる。
今回は直線でわずかに外に出したのが差として出たのだろう。
2着馬と同様、このようなレースで先行して上位にこれたことは評価。
次走が試金石となる。タイプ的に東京に替わるのは軽視。


5着△メイショウパルマ
新馬の内容を見ればわかるように、瞬発力タイプ。
前走・今走と同じようなハイペースの展開で差し損ねたが、これは仕方の無いこと。
マンカフェ産駒だが、先行しての粘りこみより、差す競馬のほうが良さそう。
もし、この敗戦で人気が落ちて、東京コースに出走してきたら面白い。一変アリ。
瞬発力勝負になっても上位に来られない、となると、その程度の実力、という判断になってしまう。


6着△トップキングダム
前走は失格になったが、前に厳しい展開+カラ馬に絡まれる内容で一位入線。
先行すれば見せ場くらいは・・・と思っていたが、出遅れてしまい後方から。
格上挑戦で、自分の競馬ができなくてこの結果なら気にすることはない。
自在性もあり、末脚も使えるタイプではあるので、未勝利上がりは時間の問題。


7着○タイフーンルビー
08/12/28ホープ 1000m 60.3秒 12.2-11.0-12.1-12.7-12.3-11.9-12.6-12.4-11.2-12.0
09/01/04寒竹賞 1000m 58.7秒 12.1-10.7-12.5-11.5-11.9-11.5-12.2-12.5-12.8-13.0
09/01/25若竹賞 1000m 58.6秒 11.8-11.7-11.4-12.1-11.6-12.7-12.5-12.4-13.5

ホープフルSは逃げたには逃げたがスローな逃げ。
この馬向きの展開にはならず、3秒も離されてしまった。
連闘で臨んだ寒竹賞は大逃げを打ち、1000m通過が58.7秒。
一見、無謀な逃げに見えるが、速いペースで飛ばすのがこの馬の競馬。
結果3着とはハナ差の4着(+0.5秒)に逃げ粘る。
そして今回の競馬。1000m通過は58.6秒と、前走とほぼ同じ。
数値は同じでも、今回と前回では大きな違いが。それは、ラップを見れば一目瞭然。
2000mの寒竹賞は6人気でマークも薄く、その上コーナーまでの距離が長かったので
楽にハナに立つことができ、一息入れてから加速して後続を引き離すことができた。
それが1800mの今回はコーナーまでの距離が短くなり、2人気でマークされる立場。
結果、途中で息を入れることができず、リードを広げることもできず。
なんと前半1000mで1F11.4秒~12.1秒で推移する厳しい競馬。
これでは200mの距離短縮でもさすがに厳しい。
それに、連闘後の大逃げで今回が中2週、疲れもあったのかもしれない。
実力は足りているとは言えないが、こういう逃げ馬だけに今後もマークされそう。
しかも、変に人気してしまいそうで、買いづらい馬になってしまった。
とはいえ、ハマれば怖い一頭。コースや条件で狙い撃ちしたい。


10着◎マイヨール
新馬の内容と芙蓉Sの内容を評価。
早めのペースのほうが好走できると判断し、適性の合わなかった前走の敗戦で
人気が落ちていたため思い切って本命に。
レースでは3~4コーナーで手ごたえが怪しくなり、直線は見せ場なく失速。
きんもくせい特別では8頭立てで2着だったが6馬身ちぎられての結果。
距離はマイル以下のほうが良さそう、先行してのレース結果で見直したい。
関連記事
[ 2009/01/29 02:35 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)

カネヒキリってすごい

もはや、すごい、としか言いようがないw
カネヒキリはこれでG1七勝目でしょうか?
2年間のブランクがあって、この結果・・・もう、すごい、ですよ。ほんとw


さて、今日は川崎競馬に初参戦。
先着8000名に配られたスピードクジで、500名限定のFMラジオをゲット。
(こんなところで運を使い果たしていいのだろうか・・・?)
着いてすぐに5R発走でした。
感動したのは馬場とスタンドの近さ!
もうすぐそこにコースがあって、馬が走っています。
5Rはスタート直後にゴチャついたんですが
騎手の「おい!」とか「ゴルァ!」とか「あーあー」とか聞こえるくらい近いw
迫力ありますね。

馬券は6Rから購入。
友人2人は競馬をそこまで詳しくないので、ここは経験者のプライドを見せる場面!
券種はすべて「単」系で勝負。

結果→メイン前まで4連敗・・・軸が飛びまくりw
で、メインの川崎記念。予想は直前でこんな感じ。
◎カネヒキリ
○フリオーソ
▲ブルーコンコルド
△ボンネビルレコード
サクセスブロッケンは終始チャカついていたので、思い切って消し。
◎→○▲の馬単500円と◎→○▲→○▲△の三連単4点×100円で勝負。

ルメールは完璧に乗りましたね~やっぱり彼は正攻法をしてくれるから信頼できます。
ハーツクライとかリトルアマポーラとか、正攻法でようやく勝つことができました。
個人的にはベッラレイアとかは彼が正攻法で乗ってくれれば
もっと良い成績を修められると思うのですが・・・いかがでしょうか。

フリオーソは今回は出遅れなかった!
前回は不完全燃焼だっただけに、ここで半馬身差の2着は力を出し切った結果でしょう。
サクセスブロッケンはここ数戦チグハグな競馬。
古馬相手では勝ち星がないこと、東京大賞典→川崎記念でのこの着差を考えると
今後、アタマではちょっと狙いにくいかもしれませんね。
単純な不等式で示すのはあまり好きではないのですが
カネヒキリ>ヴァーミリアン>>フリオーソ・サクセスブロッケン・ブルーコンコルド>ボンネビルレコード
ここ数戦ではっきりと力関係が見えてきた気がします。
フリオーソ以下4頭は条件次第で入れ替わる可能性はありますが
カネヒキリとヴァーミリアンに先着するのは難しいかもしれません。
この力関係がこのまま推移するのか
新興勢力が食い込む余地はあるのか
これからもダート戦線から目が離せません。

結局最終の1点勝負もダメで、-5000円くらいですかね~。
正直、戸崎にかなりヤられましたw


行けることなら毎日でも通ってみたいですね、川崎競馬。
ここに限らず、地方競馬場ももっともっと行ってみたい。
そう思わせる、楽しい一日でした。
関連記事
[ 2009/01/28 23:45 ] 競馬 | TB(0) | CM(3)

初参戦

明日は川崎競馬場に初参戦。
大学の友人に誘われ、そこそこ興味のある友人2人と共に行ってきます。
いつもは他大の友人と競馬場に行くらしいんですが
今回は彼が就活のため、僕と行く気になったらしいw
いきなり「明日カネヒキリ見ようぜ!」なんて言われてビックリしたwww

馬券は記念にカネヒキリの単勝を買おうかなぁ。
①ブロッケン・カネヒキリ
②ブロッケン・カネヒキリ・フリオーソ
③ブロッケン・カネヒキリ・ボンネビルレコード・フリオーソ
これで当たる気がするけど、配当安そうw


今週からは東京開催。競馬場行こうかなぁ?
グリーンチャンネル導入は日程的に間に合うか微妙な感じ。
まぁこの時期だったら、別に行かなくてもいいか・・・。
メンバー次第、ですかね。

競馬場からニコ生なんて、おもしろそうですが。
ノートPC持ってないし、屋外でネットにつなぐ方法なんて知らんw
たぶん、一般競馬ファンには不審者扱いだなぁw
そのうち、誰かやってくれたりしないでしょうか。


レース回顧は1日1~2Rのペースで進めています。
明日中に若竹賞うpします。京都の500万は見送りです。

日曜から水曜でレース回顧
木曜からはレース予想
そんなサイクルになりそうです。


・・・あれ、俺って就活中じゃあ・・・?
関連記事
[ 2009/01/28 00:38 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)